PR会社が注目する最新プレスリリース情報

高木美帆、ソチ代表落選の挫折から救った“家訓” きょうだい同競技…「家庭内でスケートの話はしない」 平昌五輪

高木美帆、ソチ代表落選の挫折から救った“家訓” きょうだい同競技…「家庭内でスケートの話はしない」 平昌五輪
 【平昌(韓国)12日=飯田絵美】スピードスケート女子1500メートルで高木美帆(23)=日体大助手=が1分54秒35をマークし、同競技の女子個人種目では史上初の銀メダルを獲得した。2010年バンクーバー五輪に男女を通じ日本スピードスケート史上最年少の15歳で出場しながら、14年のソチ五輪では代表漏れ。スポーツ界で早熟の天才が伸び悩んだまま終わる例は数知れないが、スケート一家ならではの家訓に守られ、成長曲線を盛り返して自身初の表彰台に立った。

Source: PR広報業界の厳選・注目情報