イーソル、Zynq UltraScale+ MPSoCを2つ搭載した高度自動運転システム開発ボードUltraZ ADのRTOSエコシステムパートナーとして選定

イーソル、Zynq UltraScale+ MPSoCを2つ搭載した高度自動運転システム開発ボードUltraZ ADのRTOSエコシステムパートナーとして選定
イーソル株式会社は、ヘテロジニアスマルチコアプロセッサ構成のZynq® UltraScale+™MPSoCが2チップ搭載された、高度自動運転開発ボード「UltraZ AD」のエコシステムパートナーに、リアルタイムOSベンダとしてイーソルが選ばれたことを発表します。シングルコアからヘテロジニアスなマルチ・メニーコアプロセッサをサポートするPOSIX仕様準拠リアルタイムOS「eMCOS POSIX」を中核とするリアルタイムOSベースプラットフォームを提供します。機械学習ベースの画像認識アルゴリズムを組込み機器で容易に活用できる環境として提供されるザイリンクス社製「reVISION™スタック」や、オープンソースのROSが提供する豊富な機能の両方をサポートする唯一の商用リアルタイムOSであるeMCOS POSIXにより、信頼性の高い自動運転/自律制御システムの効率的な開発が可能になります。
Source: PRプレスリリース