PR会社が注目する最新プレスリリース情報

AbemaTVで大相撲生中継決定!一月場所から 序ノ口から結びの一番まで毎日放送

AbemaTVで大相撲生中継決定!一月場所から 序ノ口から結びの一番まで毎日放送

インターネットテレビ局AbemaTVは1月4日、大相撲の生中継を実施することを発表した。年間6場所の全90日間、序ノ口から結びの一番まで、すべての取組を放送する。すべての取組が無料で中継されるのは史上初。

場所中は、毎日午前8時から中継をスタート。序ノ口、序二段といった、なかなか放送では見られない取組も放送する。また若者向けに、これまでの大相撲中継とは異なる演出やオリジナルの力士紹介VTR、女性解説者、若い世代のタレントなども起用していく予定だ。

各力士のコメント

横綱・白鵬 大相撲というのは、1500年近く、長年の歴史と伝統文化がありまして、相撲と神事というのがありますけど、例えばこの綱を絞めているというのは、みなさんがお寺や神社に行くと思うんですけど、そこにはしめ縄がり、そのしめ縄を人間で着けられるのは横綱だけであります。またこの頃は、力士本人が食べ物、稽古の仕方、そしてトレーニングの仕方、そういったものを全て考えてやっており、アスリートになりつつあります。勝負は一瞬ですけど、その一瞬のために、日々稽古を積み重ねてきていますし、その一瞬の勝負だけじゃなく、そこに行司、呼出、床山、そしてしきたり、そういったものを、目で、耳で、匂いで、楽しんでもらえればなと思います。

横綱・鶴龍 大相撲は、年齢が上の方が見ている印象がありますが、やはり同世代、20代とか30代の方にもっと、見てもらえれば、今もこれからもファンがあっての大相撲ですので、長く続いていくためにも若いファンの方が「AbemaTV」の放送をきっかけに、増えてくれたらと期待しています。

横綱・稀勢の里 様々な年代の方に見ていただけるのはとても嬉しいですし、国技の素晴らしさを多くの方々に知ってもらえればと思います。とても期待しています。

(C)AbemaTV

▶1/14 大相撲一月場所 十両・幕内

(2018年1月14日「AbemaTIMES」より転載)

関連記事


Source: PR広報業界の厳選・注目情報