PR会社が注目する最新プレスリリース情報

濱田龍臣「普段のモブと感情100%のモブのギャップを出すため、目を意識しました!」

濱田龍臣「普段のモブと感情100%のモブのギャップを出すため、目を意識しました!」
テレビ東京ほかで1月18日(木)より放送の「木ドラ25『モブサイコ100』」(毎週木曜夜1:00-1:30ほか)。ONEによる同名漫画を原作に、濱田龍臣が、普段は内気で目立たないが感情が高ぶると強大な超能力を発揮する中学生・影山茂夫、通称モブを演じる。今回、主演の濱田にインタビューを敢行。役作りや、壮大な超能力バトルシーンの撮影について語ってもらった。

――ドラマのお話を聞いた時の感想を教えてください。

キャラクターも個性的で、今まで明るい役を演じることが多かったので、ここまで特徴がない役は経験がなく、どういう感じでお芝居をしていけばいいかというのは、結構考えました。

原作漫画も読ませていただいていて、とても面白いなって思っていました。人気の作品なので、ファンの層も幅広いため実写化には、期待や不安もきっとあるし、すごくハードルが高いだろうなと。でも、いい意味で皆さんの期待を裏切る作品になればいいなと思います。

――役作りはどのようにされましたか?

どういうニュアンスで演じればいいのかとか、モブの動きとかを現場に入る前に坂本(浩一)監督に結構相談させていただきました。基本的にリュックを背負っている役なんですけど、内気な性格なのでリュックのひもをずっとつかんでいるとか、細かいところまでお話をさせていただきました。

――作品の魅力を教えてください。

登場人物のキャラクターが濃いところだと思います。個性と個性のぶつかり合いで、とても面白いです。モブもつかみどころがないキャラではあるんですけど、律(望月歩)や霊幻(波岡一喜)さんにすごく助けられて、どんどん成長していきます。なので、周りの環境というのも大事だなと感じました。

――演じるモブは思い入れが強いと思いますが、モブ以外で好きなキャラクターはいますか?

テル(荒井敦史)は結構好きですね。クールなイケメンキャラで、ようやくまともなキャラなのかなって思ったら全然まともじゃなくて(笑)。痛い感じだけど、たまにしっかりしているところが好きです。

――超能力のシーンの撮影について教えてください。

後からCG合成になるので想像力との戦いでした。「ここではこういう感じの超能力やってます。だからこうしてください」と坂本監督に立ち回りを教えてもらって、撮影していきました。

CGが入るとしっかり戦いに見えるけど、撮影時CGがない状態の画を見ると、すごい真剣な顔で何らかの力を手から出している動きが少し恥ずかしかったです。

テル役の荒井さんとも戦いのシーンがあって、二人で確認しながら合わせていたんですけど、冷静になって「これやばいですね(笑)」「なんか恥ずかしいですね」って話をしてました。超能力シーンは未知のものだったので難しかったです。

――「ウルトラマンジード」(2017年、テレビ東京系)に続いてタッグを組む坂本監督についていかがですか?

監督の笑顔で現場も和みます。アクションシーンの指導ではキリッと変わるんですけど、普段はとても優しくて。お芝居の話をしても、僕の考えを100%受け止めてくれて、その後で「こういうことでいいんじゃないか」っていう答えをしっかり返してくれます。

真摯(しんし)に僕の意見に向き合ってくれるので、お芝居もすごくやりやすくて、アクションシーンも丁寧にご指導いただいて、現場が楽しかったです。

――以前監督は濱田さんのことを息子みたいでかわいいって仰ってましたよ。

それは、すごいうれしいですね! 僕も監督のすてきな笑顔が好きです。

――共演者の方との撮影現場でのエピソードを教えてください。

役者の皆さん、キャラが濃いです。波岡さんは面白い方で、波岡さんがいると現場がより一段と和んで、いつも場を盛り上げてくださいます。

ツボミ役の与田祐希さんは、すごく天然ですね。あと、よく寝られるみたいです。先日、撮影の合間に控室でご飯を食べていた時に寝ていて(笑)。大盛りのご飯とスプーンを持って、そのまま寝てたんですよ(笑)。与田さんがいるとみんな笑顔になるので、本当にツボミちゃんって感じです。

――モブとしての注目してほしいポイントはありますか?

自分なりにモブに近づけようと、結構目を意識しました。猫背とか、背負っているリュックをつかむとかは簡単だと思うんですけど、漫画のモブは目が半開きな感じだけど、ギョロっとしてる部分もあってそれを表現するために、眉毛だけを少し上げるんです。そうしたら困った感じにも見えるし、目にも脱力感が出るんです。

自分なりに「こういうふうにしたいです!」って坂本監督に初日にお話ししたら「やってみよう」ってなって。これは、普段のモブの時に意識しているので、それが感情100%になって険しい顔になった時ガラッと変わって、ギャップがさらに出るなって思いました。印象付けられるように意識したので、そこは見ていただきたいです。

――ご自宅の鏡で研究されたのですか?

初めての撮影現場で「顔、似るかな…」って考えていたら「あ!」という思い付きでした。

――最後に視聴者にメッセージをお願いします。

原作のファンの方も多くて、実写化のハードルがすごく高いと思うんですけど、その中で自分が主演のモブをやらせていただくことに、とても緊張しています。今の濱田龍臣にできる精いっぱいでモブに近づいていけるように努力して撮影に臨ませていただきました。楽しんで見てもらえたらと思います。
Source: PR広報業界の厳選・注目情報