6/6 浅草・お江戸マジックショー

nowprinting thum 3 - 6/6 浅草・お江戸マジックショー

6/6 浅草・お江戸マジックショー
nowprinting thum 8 - 6/6 浅草・お江戸マジックショー

2018年6月6日(水) 19:10~20:30

東京都台東区浅草一丁目41 浅草リトルシアター浅草の夜に最高のエンターテイメント。お子様から大人まで楽しめる、「浅草・お江戸マジックショー」を開催します。


浅草ならではの、”和”をテーマにしたマジックショーは必見です。不思議!楽しい!そして美しい!世界一小さな劇場で繰り広げられる、世界一素敵なマジックショーをお見逃しなく!


<日時>

2018年6月6日(水)

開場19:10 開演19:30


<場所>

浅草リトルシアター

東京都台東区浅草1-41-7清水ビル2F

*つくばエキスプレス「浅草駅」より徒歩約2分

*都営浅草線「浅草駅」より徒歩約7分


<チケット>

大人  前売 3,000円 当日 3,500円

中高生 前売 2,000円 当日 2,500円

小学生以下  無料(保護者同伴でお願いします)

・お席は列指定となります。チケット購入順に前列からご案内いたします。

チケット予約はこちら
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dqnrzekebv.html


<お江戸マジックとは??>

手品やマジックというと、西洋のもの、というイメージがありますが、日本にも昔からマジックの文化がありました。


江戸時代には、手品のことを「手妻(てづま)」と呼んでいました。


なぜかというと、手品師は手を稲妻のように早く動かすから、略して「手妻(てづま)」。海外との交流が少なかった江戸時代、日本にしかない、この「手妻」が独自に発展しました。しかし明治・大正と外国の文化が入ってくるようになると、手妻も西洋化の波に流され、しだいに演じる人が少なくなり、今では見たことがないという方も多いかもしれません。


​この「手妻」を現代の人が見ても楽しめるように、有栖川 萌が『お江戸マジック』として現代に甦らせます。不思議だと思う人の心は今も昔も変わりません。艶やかで不思議な和の世界をお楽しみ下さい。


詳しくはこちら
https://www.asakusa-magic.com/
Source: PRプレスリリース
nowprinting thum 3 - 6/6 浅草・お江戸マジックショー