弊社社員が平成30年度兵庫県発明等表彰「兵庫県発明賞」受賞。 柔軟性とフィット感に優れた作業用手袋「No.371 組立グリップクラスター」の開発に寄与。

弊社社員が平成30年度兵庫県発明等表彰「兵庫県発明賞」受賞。 柔軟性とフィット感に優れた作業用手袋「No.371 組立グリップクラスター」の開発に寄与。
家庭用・産業用手袋の専業メーカーとして、60年以上にわたり常に独創的で高品質な手袋を開発し続けているショーワグローブ株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社長:近藤修司)の開発本部研究開発グループのチーフエンジニアである森田高樹が、2018年4月26日(木)、平成30年度兵庫県発明等表彰「兵庫県発明賞」を受賞いたしました。受賞理由は、スベリ止め効果、耐摩耗性、強度及び柔軟性に優れたスベリ止め手袋の提供を可能にし、社会の様々な利用場面での利便性を向上させたことによるものです。
Source: PRプレスリリース