ハコスコ、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録が決定した長崎県五島市の「観光体験VRコンテンツ付きオリジナルVRゴーグル」制作を受託

ハコスコ、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録が決定した長崎県五島市の「観光体験VRコンテンツ付きオリジナルVRゴーグル」制作を受託
VRサービスの株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ社」)は、2018年6月30日に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産への登録が正式決定した長崎県五島市の一般社団法人五島市観光協会より、五島市内の世界遺産訪問や観光ツアーが楽しめる「VRコンテンツ付きオリジナルVRゴーグル 〜オリジナル VRパッケージ〜」(以下、「五島市VRパッケージ」)の制作を受託いたしました。一般社団法人五島市観光協会は、ハコスコ社の「VRパッケージ(※)」サービスを利用し、五島市オリジナルの「五島市VRパッケージ」を制作。同商品は、五島氏観光協会主催のイベントなどで、ノベルティーとして配布される予定です。コンテンツは「五島VRツアー」と称し、江戸時代から歴史があるキリシタン関連遺産の「江上天主堂」や「旧五輪教会堂」の現地ツアーを楽しむことができます。
Source: PRプレスリリース