松本動監督短篇映画特集上映イベント( 第42回「月いちシエマ」特別篇 at シアターシエマ)

1598421 thum - 松本動監督短篇映画特集上映イベント( 第42回「月いちシエマ」特別篇 at シアターシエマ)

松本動監督短篇映画特集上映イベント( 第42回「月いちシエマ」特別篇 at シアターシエマ)
1598421 thum - 松本動監督短篇映画特集上映イベント( 第42回「月いちシエマ」特別篇 at シアターシエマ)

2018年7月7日(土) 15:00

佐賀県佐賀市松原二丁目14 セントラルプラザ3階短篇映画「公衆電話」が、『SSFF&ASIA 2018/ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018』の “アジアインターナショナル&ジャパンプログラム” にノミネートされた松本動監督の短篇作品上映イベントが、7月7日(土)七夕の日に、佐賀県のミニシアター『CiEMA』にて開催決定!!


【イベント詳細】

開催日:2018年7月7日(土)

タイムテーブル:

15:00開映(「ミックス」「ガチャガチャ/GACHA GACHA」「公衆電話」上映)

16:30~月イチシエマ(鑑賞後に松本動監督を交えて映画の感想を語り合う会)

18:30~懇親会(別料金)

料金:投げ銭(別途、要1ドリンクオーダー¥500)

会場:シアターシエマ

お問合せ:電話0952-27-5116

ホームページ:http://ciema.info/


米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画際『SSFF&ASIA 2018』にノミネート上映され、話題となった松本動監督の最新作「公衆電話」を含む短篇映画3作品が、佐賀県にあるミニシアター ”CiEMA“ にてイベント上映される。

イベントが開催される経緯は、松本監督が大林宣彦監督の「花筐/HNAGATAMI」で監督補佐を務めた際、舞台となった佐賀県唐津市の現地スタッフの中に、『CiEMA』のスタッフが居り、苦楽を共にした者同士意気投合、いつかゆかりの地である佐賀県で、松本動監督の作品を上映したいというスタッフの熱意により実現した。


今回のイベントで上映される作品は、3月にユーロライブで開催して大盛況だった「公衆電話」完成披露上映イベントと同じプログラムで、「ミックス」「ガチャガチャ/GACHA GACHA」「公衆電話」の3作品。


【上映作品】

「公衆電話」 第5回岩槻映画祭 グランプリ&観客賞のW受賞作品

2018年 / 16分

《予告篇》
https://www.youtube.com/watch?v=EilzaBdIq8Q&t=7s

《公式Facebook》
https://www.facebook.com/kousyuudennwaShortMovie/


「ミックス」 第20回 横浜映像天国 グランプリ受賞作品

2015年 / 30分

《予告篇》
https://www.youtube.com/watch?v=69z6B7eMTjI&t=46s

《公式Facebook》
https://www.facebook.com/MIXShortMovie/


「ガチャガチャ/ GACHA GACHA」 第21回 横浜映像天国 グランプリ&審査員賞 W受賞作品

2016年 / 12分

《予告篇》
https://www.youtube.com/watch?v=Pr1Aw39SqYs

《公式Facebook》
https://www.facebook.com/gacha48/


【監督プロフィール】

松本 動(まつもと ゆるぐ)

東京都出身。 90 年代より8mm フィルムで自由映画制作を始め、その後、商業映画の道へと進み、石井隆、山崎貴、中村義洋といった監督たちの作品に、フリーの助監督として従事。

最近では大林宣彦監督の最新作「花筐/HANAGATAMI」の監督補佐を務め、同映画の予告編も手掛けている。

現在は監督として、ドキュメンタリードラマや企業VP ドラマの脚本・監督をメインに活動しており、短篇映画「ミックス」と「ガチャガチャ/GACHA GACHA」では多くの映画祭を席巻し、新作「公衆電話」も『第22 回横浜映像天国』にてグランプリを受賞し、同映画祭史上、初のグランプリ三連覇を果たした。

他にも乃木坂46 のメンバー” 大園桃子” 個人PV として、ショートムービー「バージン・ブリーズ」を脚本・監督して好評を博すなど、幅広い映像分野で活躍している。


《松本 動official web site》
http://kourui6.wixsite.com/yurugu
Source: PRプレスリリース
1598421 thum - 松本動監督短篇映画特集上映イベント( 第42回「月いちシエマ」特別篇 at シアターシエマ)