追報:旧(株)トヨシマの(株)TS商事(大阪)/特別清算 フォークリフトアーム

追報:旧(株)トヨシマの(株)TS商事(大阪)/特別清算 フォークリフトアーム

既報。フォークリフトアーム製造で旧(株)トヨシマの(株)TS商事(大阪府池田市住吉1-1-6、代表清算人:田邉義和〉は9月3日、大阪地方裁判所において、特別清算の開始命令を受けた。

負債額は約30億円。

同社は昭和11年3月設立のフォークリフトアームやコイルスプリングなどの製造会社。同社は製造のほか鋼材や車両機器の卸業も行い、特にフォークリフト用アームに強く以前は150億円前後の売上高を計上していた。

しかし、リーマン・ショック後、国内製造業は海外へ脱出、国内設備投資が減少し続け、その影響を受け、平成30年3月期には50億円前後まで売上高が減少、中国子会社の原価コストも賃金上昇や円安で上昇して経営不振が続き、昨年8月、再建を図るため地域経済活性化支援機構の下、会社分割、スポンサーになった(株)イチネンHDに事業承継させ、(株)TS商事に社名変更し、最終処理も終わり、株主総会で解散を決議し、今回の措置となった。

なお、(株)イチネンHDは、今年4月、トヨシマ含む関連5社を合併させ、イチネンMTMという会社にしており、トヨシマブランドはなくなっている。

 

- 追報:旧(株)トヨシマの(株)TS商事(大阪)/特別清算 フォークリフトアーム
Source: PRプレスリリース