「Paralym Art World Cup 2018〜パラリンアート世界大会2018〜」 作品募集期間が終了、世界各国から1288件の作品が集結!

「Paralym Art World Cup 2018〜パラリンアート世界大会2018〜」 作品募集期間が終了、世界各国から1288件の作品が集結!
本年初開催する、世界各国の障がいを持つ方々からアート作品を募集するコンテスト
「Paralym Art World Cup 2018~パラリンアート世界大会2018~」の作品募集の期間が終了し、
受賞作品の選定を開始したことをお知らせします。

作品の応募数は世界43か国より1288件にものぼり、
“祭り”をテーマに国際色豊かなユニーク作品が多数集まりました。
中でもイラン、カメルーンやメキシコからの作品応募が多く、
日本国内の応募数667件に対し、海外からの応募作品は621件となりました。

今後、本大会のアンバサダーに就任した麒麟・川島 明さんなど、国内外の著名人の方々の審査を経て、
グランプリを含む受賞作品を決定していきます。

なお、受賞作品については、2018年8月に帝国ホテル 東京にて開催する表彰式にて発表を予定しています。
Source: PRプレスリリース