量産化試作を支援する『MBC試作ファンド』20億円超でクローズ / ベンチャー向けサプライネットワーク構築で支援体制強化へ

量産化試作を支援する『MBC試作ファンド』20億円超でクローズ / ベンチャー向けサプライネットワーク構築で支援体制強化へ
 株式会社 Darma Tech Labs(ダルマテックラボ、本社:京都市下京区、代表取締役:牧野 成将、以下「DTL」)は、ジェネラル・パートナー(GP)として管理する「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」(以下「MBC試作ファンド」)の組合組成を完了したことをお知らせします。2017年7月に立ち上げたMBC試作ファンドに、事業会社1社と金融機関4社、個人投資家がリミテッド・パートナー(LP)として参画し、ファンドサイズは目標額を超える総額20億円強となりましたことをお知らせします。
Source: PRプレスリリース