ラッキータクシーの川添一巳氏のお別れ会 1200人参列

ラッキータクシーの川添一巳氏のお別れ会 1200人参列

ラッキータクシーのラッキー自動車の会長として平和観光都市長崎を支え、9月26日に86歳で死去した川添一巳氏のお別れの会が7日、長崎市内のホテルで開催された。
生前の交友関係の広さを物語るように政財界や芸能界、海外などの約1200人が故人を偲んだ。
長崎国際観光コンベンション協会会長も務めた川添氏は観光振興に尽くし、長崎市がJR長崎駅西側に進める大型コンベンション(MICE)複合施設では、市議会に必要性を訴えるなど奔走した。
同協会で川添氏の跡を継ぐ村木昭一郎会長は「MICEの完成を見られなかったのは残念だろう。彼が作った道筋をしっかりと歩んでいきたい」と決意を新たにした。

香港の大手旅行会社EGLツアーズの袁文英社長は2013〜15年に長崎、香港のチャーター便を運航した際に力添えをしてもらったといい「本当に一生懸命な人。いつも助けてもらった」と振り返った。

女優の夏木マリさんは50年前ほど前にレコードの営業で市内のキャバレーを回った際、同行してもらった。「人間として大事なことを教わった人生の先輩だった」と別れを惜しんだ。
以上、西日本新聞参照

長崎・福岡でいろいろあった有名な実業家だった。
 

- ラッキータクシーの川添一巳氏のお別れ会 1200人参列
Source: PRプレスリリース