北海道初の「臨検」警察からの児童虐待通告3520人

北海道初の「臨検」警察からの児童虐待通告3520人

10月中旬、十勝地方で児童虐待が疑われる家庭に帯広児童相談所が強制的に立ち入る「臨検」を行い、子どもを保護していた。

「臨検」は10年前に制度化されたが、道内で行われるのは今回が初めて。

「臨検」は、児童虐待が疑われる家庭の保護者が、児童相談所の任意の調査を再三断った際に、裁判所が許可状を発行して強制的に立ち入ることができる仕組みで、10年前に制度化され、道内で「臨検」が行われたのは今回が初めて。

児童虐待をめぐっては、昨年1年間で道内の児童相談所に虐待が疑われると警察が通告した子どもの数は、過去最高の3520人にのぼり、増加傾向が続いている。

以上、

お金持ちの家での虐待はほとんどない。

日本はアベノミクスで企業と経営者たちは金持ちだが、庶民はどうだろうか。TPPでも追い出される。

- 北海道初の「臨検」警察からの児童虐待通告3520人
Source: PRプレスリリース