磐城中央病院などの医療法人翔洋会(福島)/民事再生申請 負債約61億

1130 04 1 - 磐城中央病院などの医療法人翔洋会(福島)/民事再生申請 負債約61億

磐城中央病院などの医療法人翔洋会(福島)/民事再生申請 負債約61億

介護施設と病院経営の医療法人翔洋会(福島県いわき市小名浜南富岡字富士前41、理事長:小林俊二)は11月30日、申請処理を菅田貴博弁護士(電話0246-88-6464)に一任して、福島地方裁判所いわき支部へ民事再生法の適用申請、監督命令を受けた。監督員には、菅野晴隆弁護士(電話024-528-0330)が選任されている。

負債額は約61億円。

同社は昭和43年6月設立の磐城中央病院などの病院や介護施設を運営する医療法人。ほか磐城中央クリニック、小名浜中央病院、透析センターなどの病院、ヘルスケアホームいわき、ケアレジデンス小名浜などの老健施設を運営して平成30年3月期には約17億円の売上高を計上していた。しかし、施設数拡大や医療器械投資に借入金が膨れ上がり、赤字経営が続き、財務体質の悪化状態が続き、改善の見通しも立たず、抜本的な財務体質の改善を図るため今回の申請となった。

以上、

貸す方も貸すほう。

 

1130_04.jpg

- 磐城中央病院などの医療法人翔洋会(福島)/民事再生申請 負債約61億
Source: PRプレスリリース
1130 04 1 - 磐城中央病院などの医療法人翔洋会(福島)/民事再生申請 負債約61億