韓国KTX 突貫工事の平昌オリンピック線で脱線事故 14人負傷

1209 01 1 - 韓国KTX 突貫工事の平昌オリンピック線で脱線事故 14人負傷

韓国KTX 突貫工事の平昌オリンピック線で脱線事故 14人負傷

KTX線の原州-江陵線は、平昌オリンピックのために急遽敷設されたが、途中の3ヶ所の駅舎は不正建築物だとして10月捜査が行われていた(最下段記載)。

12月8日午前7時35分ごろ、江原江陵市雲山洞でソウル行きのKTX(韓国高速鉄道)列車(KTX806)が脱線した。
KORAIL(韓国鉄道公社)によると、この列車はこの日7時30分に江陵を出発し、江陵駅と珍富駅の間で脱線した。
客車10両編成のうち4両が完全に脱線し、残りの6両も少しずつ線路から脱線しているという。KORAILと消防当局によると、当時、列車には乗客198人、機関士1人、乗務員2人の計201人が乗っていた。機関士(45)を含む14人が負傷し、付近の病院で治療を受けている。

KORAILはバスを利用して乗客を珍富駅に移動させた後、別の列車に乗り換えるようにした。江陵駅を出発して太白線-嶺東線を利用する一般列車は、ムグンファ号3便を除いて正常運行している。KORAIL関係者は「江陵駅から珍富駅まではバスで迂回輸送し、珍富駅からソウル駅までは正常運行中」とし「江陵船を通過するKTXと一部の一般列車の運行に支障が生じていて、復旧作業を進めている」と説明。

国土交通部は「KTX脱線事故の直後からKORAILが250人の職員を動員して復旧作業をしているが、復旧は10日午前2時ごろ可能と予想される」と明らかにした。この日の事故で運行が中断した江陵線珍富駅-江陵駅区間の運行は週明けまで難しいとみられる。

国土部とKORAILは、現場に事故収拾対策本部を設置し、正確な事故の原因を調べている。KORAILも運行調整された列車の乗車券購買顧客に文字メッセージなどで連係輸送、運行中止、全額払い戻しなどの措置事項を知らせた。
国土部は収拾のため約20人を事故現場に派遣した。また、国土部傘下の航空鉄道事故調査委員会を通じて正確な事故の原因を把握するという。

搭乗客のチェ(53)さんは「出発から10分ほど経過した時、自動車がでこぼこ道を走る時のようにドンドンドンという音がして、何か問題が発生したと思った」とし、「その後、列車が揺れながら徐々に速度が落ちて傾いた」と当時の状況を説明した。また、「あまりにも突然の事故だったためか、放送はなかった。安全に関する案内もなかった」と伝えた。

別の乗客イさん(22)は「下に落ちる感じだった」とし「死ぬと思ったが、助かってよかった」と語った。
ある乗客は「列車の前の2両はT字型に90度ほど曲がり、線路は破損した。列車が衝突した柱は完全に倒れた」と説明した。

自ら列車から脱出した乗客らは、事故地点の近くにあったビニールハウスの中で寒さに震えながら気持ちを落ち着かせた。一部の乗客は事故の現場で状況を眺めていた。
以上、

平昌五輪用に急遽建設されたKTX、地番沈下など問題が徐々に進行していたとしてもおかしくない。そのための路線管理人や管理専用列車があろうが、そのマニァアルどおりに行われていたかは不明。
なお、原因としては、寒波襲来による急な低音で線路に問題が発生したのではないかとの見方が報道されている(当然寒暖の差など考慮した線路ではなくてはならないはずだが・・・)。

<10月にはこうしたKTX不成工事ニュースも>
今年2月の平昌冬季オリンピック(五輪)のために建設した原州-江陵線/KTX」の一部駅舎に関連し、手抜き工事疑惑が浮上した。韓国政府は、同時多発的に監査と捜査に入った。
監査院は、原州-江陵線KTXの「万鍾駅」・「横城駅」・「平昌駅」の3ヶ所の駅舎に関連した手抜工事容疑を確保し、監査を進めていることが(2018年)10月23日、確認された。
監査院とは別に、韓国鉄道施設公団も関連監査を行っている。
監査院などは、3ヶ所の駅舎建物の骨組みを組み立てる鉄骨工事の過程で、工期短縮と費用削減を意図した手抜き工事が行われたとみている。
以上、

平昌五輪のため突貫工事で行われていた原州から江陵までのKTX延長線工事、利権も絡み、元々安全意識が希薄な韓国の建設会社も多く、いろいろ問題が出てきているようだ。突貫工事に加え、試験走行期間が極めて短い(昨年10月下旬完成/今年1月供与開始)。

負傷者だけで死者も出ず、大人身事故にならず、よかったみなすべきだろう。

当事故で乗務員が「たいした事故ではない」と発言し、乗客たちが怒っている。

なお、KTXだけで11月には6件の事故が発生していると報道(中央日報)されており、積もり積もって脱線事故になったのかもしれない。
KTXは当初の列車はフランス製でフランスから技術導入、その後韓国で製造・改良され続けている(フランスにパテント料を支払っているものと見られるが、中国への日本の新幹線売却のように、車両と全システム、全技術情報を提供し、愚かな日本同様その後何ももらっていない可能性もある)。

1209_01.jpg

- 韓国KTX 突貫工事の平昌オリンピック線で脱線事故 14人負傷
Source: PRプレスリリース
1209 01 1 - 韓国KTX 突貫工事の平昌オリンピック線で脱線事故 14人負傷