長崎市議会、MICEの是非を問う5回目の住民投票今回も否決

1217 03 1 - 長崎市議会、MICEの是非を問う5回目の住民投票今回も否決

長崎市議会、MICEの是非を問う5回目の住民投票今回も否決

5回も住民投票を請求される田上市政も異常だが、それを5回も否決する長崎市議会はもっと異常だ。

田上課長市長が誕生し、ちゃんぽんミーティングなんて子供騙しみたいなことを始めたが、田上氏はチャンポンじゃなくてチャンピョンになりたかったんだろう。

それにしても市民無視の底意地の悪いチャンピョンだこと。

来年春の市長選挙という防衛戦での長崎市民の判定に期待したい。

田上市長

浅田 五郎
https://www.facebook.com/asada.goro

浅田五郎
「市議会閉会」

5回目の住民投票今回も否決。MICEを今一度たち止まって考えてはどうですかと極めて常識的な市民の思いでしたがこれも簡単に受け入れてもらえない田上市政です。

この条例は127号長崎市の交流拠点施設(MICE)建設の凍結に関する住民投票条例についてでした。

市民力を完全に放棄した田上市長の四選は本当にありえるのでしょうか。

長崎新聞の水と空でも立ち止まることができない、市政に落胆していましたが。市議会もそのように取られるのでしょうね。

本会議では、田上市長の提案した住民投票(田上市長は住民投票に反対の意見書をつけて議会は審議の結果委員会で賛成しましたので委員長の報告に賛否をつけたのです。

委員長報告に反対討論した議員は、中里議員(市民クラブ)、浅田議員(明政クラブ)、内田議員(共産党)、幸議員(チーム2020)。

賛成討論した議員は、西田議員(市民クラブ)、武次議員(明政クラブ)、林議員(公明党)。でした。

MICE施設の建設に賛成の議員は、議長は投票しないので、欠員2名、37名の内田上市長の意見に賛成の議員は、25名。反対12名でした。

反対議員は池田、中里、中村(俊)、中村(照)(市民クラブ)、浅田、筒井、平野(名政クラブ)、内田、大石、中西(共産党)、幸、橋本(チーム2020)。

賛成議員は、市民クラブ(6名)、明政クラブ(7名)、公明党(6名)、創生自民(4名)、自民党(2名)。の皆さんでした。

皆さんが前回市議会の選挙で投票した議員の方は、住民投票の実施に賛成でしたか反対でしたか。

これまでの5回の住民投票は、第1回目は、市役所を県庁跡地に、第2・3回目は公会堂を改修して使用し新築する場合は魚の町の公会堂の現在地に建設することでした。第4回目は小島養生所の完全復元保存でした。

第5回目が今回のMICE建設の凍結についての住民投票でした。

全て住民投票は田上市長のもとでは完全に無視されたことになります。

なんともやりきれません。

現在の田上市政をこのまま、「四選させて明日の長崎を」次の世代へ素敵な街として自信をもって引き継ぐことができるのでしょうか。とそんな思いで見ております。

それとも来春の4月までに、権力に立ち向かう若い活力のある磨くと磨き甲斐がある新人を心ある長崎市民が共有できるエネルギーを集めることができるかにかかっています。

今日市議会が閉会して住民投票の五回も市民力が否決されました。

その虚しさは計り知れません。

一度でも住民投票に署名した方々、署名しなくともその意義を理解していただける方は、明日の長崎のために素敵な汗を流してくださる方だと思います。

それぞれの場で頑張りましょう。

寒さが厳しい毎日です。寒中お見舞い申し上げます。今夜は、市議会のご報告です。お元気にお過ごしください。

- 長崎市議会、MICEの是非を問う5回目の住民投票今回も否決
Source: PRプレスリリース
1217 03 1 - 長崎市議会、MICEの是非を問う5回目の住民投票今回も否決