海藻由来「食べるプラスティック」インドネシア発:開発・製造・販売を担う若き起業家が来日講演(1/10飯田橋)~海洋プラスチック問題を貧困漁民らとコラボして解決~

海藻由来「食べるプラスティック」インドネシア発:開発・製造・販売を担う若き起業家が来日講演(1/10飯田橋)~海洋プラスチック問題を貧困漁民らとコラボして解決~
企業のサステナビリティ専門のシンクタンクであるCSRアジア株式会社(本社:東京都千代田区)は、主催する「CSRアジア東京フォーラム2019」の基調講演にてインドネシアの若き起業家「Evoware」社のCEOデイビッド・クリスチャン氏(26歳)を基調講演のスピーカーに招聘しました。この基調講演では、海洋プラスチックごみの深刻度世界第2位のインドネシアにおいて、貧困漁民が採取する海藻(海苔)を原料とし、児童養護施設の職業訓練実習として製造過程を活用するなどで、「食べるプラスチック」を手掛ける、若き起業家が社会課題を解決しながら「win-win-win」のビジネスモデルを構築する方法を紹介します。この「食べるプラスチック」はコーヒーの個包装に使えば、お湯をそそげばそのまま溶けてごみにならない、インスタントラーメンの粉末スープの容器もそのままお湯を注げば食べられるという画期的な製品です。
Source: PRプレスリリース