防衛省・中期防 防衛装備品 単価を初めて公表 F35A-116億円

0109 02 1 - 防衛省・中期防 防衛装備品 単価を初めて公表 F35A-116億円

防衛省・中期防 防衛装備品 単価を初めて公表 F35A-116億円

防衛省は8日、2019~2023年度の中期防衛力整備計画(中期防)に盛り込んだ主要な防衛装備品の単価を公表した。

最新鋭ステルス戦闘機「F35A」は約116億円と明示した。

5年間で27機購入する予定。

中期防の主要装備品の単価を一覧できるよう公表するのは初めて。装備品の価格膨張が指摘されるなか透明性を高める。

ただ、予定単価であり、これまでは実際の納入単価との隔たりは大きく、お金に糸目をつけない大金持ちの国を象徴している。

中期防 装備品 単価表
装備品
整備規模
単価(※1)
陸上自衛隊
機動戦闘車
134両
約8億円
装甲車
29両
(※2)
新多用途ヘリコプター
34機
約18億円
輸送ヘリコプター(CH-47JA)
3機
約89億円
地対艦誘導弾
3個中隊(※3)
約56億円(※4)
中距離地対空誘導弾
5個中隊
約143億円(※4)
陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)
2基
約1,224億円
戦車
30両
約15億円
火砲(迫撃砲を除く。)
40両
約7億円
海上自衛隊
護衛艦
10隻
約476億円
潜水艦
5隻
約647億円
哨戒艦
4隻
(※2)
その他
4隻
(※5)
固定翼哨戒機(P-1)
12機
約221億円
哨戒ヘリコプター(SH-60K/K(能力向上型))
13機
約73億円(※2)
艦載型無人機
3機
(※2)
掃海・輸送ヘリコプター(MCH-101)
1機
約73億円
航空自衛隊
早期警戒機(E-2D)
9機
約262億円
戦闘機(F-35A)
45機
約116億円
戦闘機(F-15)の能力向上
20機
約35億円
空中給油・輸送機(KC-46A)
4機
約249億円
輸送機(C-2)
5機
約223億円
地対空誘導弾ペトリオットの能力向上(PAC-3 MSE)
4個群(16個高射隊)
約45億円(※6)
滞空型無人機(グローバルホーク)
1機
約173億円(※7)
・※印の詳細はHPへ
 
0109_02.jpg

- 防衛省・中期防 防衛装備品 単価を初めて公表 F35A-116億円
Source: PRプレスリリース
0109 02 1 - 防衛省・中期防 防衛装備品 単価を初めて公表 F35A-116億円