KDDI ブラックアウト4613人未払残業+一人労災自殺を隠蔽

KDDI ブラックアウト4613人未払残業+一人労災自殺を隠蔽

KDDIは29日、2015年9月に入社2年目の20代の社員が自殺し、長時間労働などで労働基準監督署から2018年5月に労災認定を受けていたと発表した。

同社は長時間労働やサービス残業に絡み、2017年にも労基署から是正勧告を受け、4613人の社員に総額約6億7000万円の未払い賃金を支払っていた。

責任を明確にするため、当時社長だった田中孝司会長ら役員7人が報酬10~20%を3カ月間、返上することを決めた。

KDDIは、いずれも事実関係を公表していなかった。同社は「遺族との話し合いなどを踏まえ、再発防止策と併せて公表を決めた」(広報部)と説明している。

- KDDI ブラックアウト4613人未払残業+一人労災自殺を隠蔽
Source: PRプレスリリース