FCA、仏ルノーに対等出資での合併を提案

FCA、仏ルノーに対等出資での合併を提案

自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、フランスのルノーに対し「変革のための合併」を提案した。

提案によると合併後の保有比率はFCAが50%、ルノーが50%。ルノーもFCAとの協議を確認した。
以上、ロイター
当交渉について、日産側には一切連絡は来ていないという。
 
日産とホンダが統合すれば、FCVとルノーのダントツの世界一の野望も打ち砕かれる。
 
FCVはフィアット(イタリア・トリノ)のアニェッリ家が支配している会社、ルノーの筆頭株主は仏政府で15%保有、半々の合併ではアニェッリ家は22%あまりの議決権を持つことになる。
半々とはFCVからルノーは評価されているように見えるが、日産・三菱がついてくるとしたら、一転して舐められたものでもある。

 

2017年 世界自動車販売台数ランキング 
 
メーカー
 /万台
1
VW(アウディ+ポルシェほか)
1,074.2
2
ルノー・日産・三菱連合
1,060.8
(ルノー)
376.1
(日産)
581.3
(三菱)
103.4
3
トヨタ(ダイハツ+日野)
1,038.6
4
GM
960.0
5
現代-起亜
725.1
6
フォード
660.7
7
ホンダ
518.8
8
FCA(フィアット+クライスラー)
474.0
9
PSA(プジョー+シトロエン)
363.2
10
ダイムラー
327.4
11
スズキ
316.0

 

- FCA、仏ルノーに対等出資での合併を提案
Source: PRプレスリリース