オープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplat、世界初の「線を線に変換する」機能に対応。交通網路線図、地籍図などでの活用も狙い。

オープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplat、世界初の「線を線に変換する」機能に対応。交通網路線図、地籍図などでの活用も狙い。
相模原市の大塚恒平(屋号:歴史国土)が開発するオープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplatは、令和元年6月29日に公開されたバージョン0.5.2より、世界で初めて、「線を線に変換する」機能の実現に成功しました。古地図や絵地図上に現在地を表示する際に、道路から外れずに現在地を表示したり、また新たに交通網路線図、地籍図などでの活用も狙いに入れております。Maplatはオープンソースで、不正確な古地図や絵地図を用いた観光、教育など用途のWebやネイティブアプリの作成などに、どなたでも無償でご自由に利用いただけます。
Source: PRプレスリリース